コンデジお供に野鳥を撮る

2017年に住んでいる市でのツバメ調査団員というボランティアを経験してから、 野鳥の魅力にハマりました。 観察初心者です。読者の方も野鳥初心者でも解るように書いています。 カメラはCanonのコンデジ。 写真の勉強はしていない上に、ブログにあげる写真はリサイズしているのと、下手なのと粗いのとです、すみません🙏😅 写真を楽しむブログというよりは、 本人の観察感想日記です😆 多摩川そばに住んでおります。

2022年初見のカルガモ雛

毎年、比較的継続して、カルガモの雛が見られる公園が、私の住んでいる市内にはあります🥰

カルガモは色んな池や川でよく見かけますが、
必ずしも雛を連れているのが見られる訳ではないので、
ここの公園では、毎年、雛が見られるなんて
ラッキーだなぁと思っています😁


でも…私の今年の初見にして、
雛はもう二羽しかいなかったです…🌈

あああ😢、と思うところはありましたが、
二羽の雛の観察を十分と楽しみました⤴️💕


必死で藻を食べている雛達🥰

必死過ぎるのか、兄弟のお尻の下の藻をとろうとしている雛😁


雛は軽いせいなのか、
動きが俊敏で、水面の移動も速いです😊

少しだけアップで撮れた雛💕


この日の私は、ずっとカルガモ親子を見続けていられれば良かったのですが、
他に用事があって一旦、ここを離れました🚶‍♀️

そして用事後にここへ戻ってみたら、
カルガモ親子が、最初に見かけた小さな池から大きな池へ移動していました👀💡

「うわ~、チビちゃん達の移動の様子も見たかった💦」
と残念に思いましたが、仕方ないですね😅

親子は、大きな池では、スイスイと移動していました😚



大きな池には他の成鳥のカモも数羽いたので、
雛に近寄って来るとお母さんがクワッと鳴いていました。


この二羽は無事に成長しますように✨🙏⤴️

育雛中の隣で巣を作るイワツバメ


こちら、イワツバメの雛の画像です~🎶😆🎵

二枚もあげていて、何が違うの?とツッコまれそうですが、
雛の顔の向きが違う💕💕💕、というそれだけです🥰🥰🥰
雛は可愛いので~💕✨

こんな感じで、雛も大きくなると、
あの上部の空きの少ない巣でも顔を見せます🤗

橋の下で暗いので画質が悪いのは、
相変わらずながら、すみません🙏🙏🙏


今日、私が観察して驚いたのは、
雛が顔を出している両脇で、
イワツバメが巣を新たにせっせと作っていた事です😳👀💡



イワツバメも、ツバメみたいに、
イチシーズンで二回の子育てをするのでしょうか🤔?
それとも後から渡って来たイワツバメ達??

雛達にとっては、成鳥がいるのに餌をくれないなぁ、という感じでしょうか🤣


このツルツルしてそうなアスファルトに、
よくとまっていられるなぁと思います😲

とても爪が鋭いのかな🧐?職人技です✨🙌✨


子育て中のところで、巣作りもしているのが
何だか面白く、発見でした~⤴️😆🎵

キビタキは撮るのが難しい&リベンジセッカ

この時期、ヒヨドリサイズ以上ではないと、
森林ではなかなか野鳥を探せないヘッポコな私です⤵️

と言ってもヒヨドリも結構、敏感で
パッと逃げるから撮りにくいと思ってますが😅


今回の投稿は、文が多めです🙏


近所の雑木林にはキビタキが数羽渡って来ています😊
キビタキの鳴き声はキレイで大きいので、
渡って来ているかどうかは鳴き声さえ覚えれば判ります👍⤴️

鳴き声に関しては、動画で検索して調べて貰えると有難いのですがf(^_^;、
私にはピーピー、ピッピピー、ピッピピーという様な鳴き声に聞こえます😅

ところが、鳴き声がとても大きいから
どの木の所にとまって鳴いているのだろう🤔?と検討をつけるのがなかなか大変です💦

勿論、キビタキ側は人間より目が良いから、
人が解りちょっとずつ木から木へ飛びます🐦️

肉眼で探そうと思うと、これだけ目立つ色でも大変でした😑

ヒタキというと、ジョウビタキルリビタキ
比較的人が居てもパッと目の前に出てきたりするので、
キビタキもそうかなぁと思ったのですが😅、
パッと目の前には来ません✋
冬に見るヒタキ系は、冬だから、
割と下の方に居るのだと思いました💦
地面に落ちている実など餌が下の方にあるからです。


キビタキは、木の真ん中より上の方の、
枝の途中に止まっている事が多い様に思います🧐
かと言って、てっぺんまではいかない感じです😁

それなので、鳴き声を頼りに近付いたら、
双眼鏡でひたすら、枝々を見て探します🧐

そうすると、ふいにオレンジ色が
双眼鏡のフレームに入ります~✌️

一回、見つけると、キビタキは明らかに周りの色と違い目立つのですが😁
と言ってもオスだから目立つのですね☝️
メスは茶色ベースになるし囀ずらないので、
私は探せた事がありませんf(^_^;

この囀ずる期間も過ぎたら、オスも探せる気がしません…😅

普段は連写をしないのですが、
キビタキに関しては連写します😁

ところで、キビタキをもっと大きく撮りたくて
ズームをするのですが、大抵が上手くいきません💨
キビタキはズームに素早く気付いて、
パッと居なくなるのです。
これを何回も経験しました😅

結局、証拠写真しか撮れませんでした💧

囀ずっている間は、双眼鏡で観察する分には
逃げられはしなかったので、
私はキビタキに関しては、撮るより見る、で楽しんでます⤴️✨


そして雑木林であまり野鳥を見つけられないので、
大抵がその足で川へ向かいます🚶‍♀️近いのです😚

前回、遠くて撮れなかったセッカのリベンジをしました📷️
やっぱりちょっとピントがズレてしまっているのですがf(^_^;

セッカは縄張り宣言で鳴く時は、
ヒッヒッヒッヒと言いながら上空へあがり、
ジャジャン、ジャジャン(と私には聞こえる👂️)と鳴きながら飛び回り、
最後に草原へ急降下します🛬

この、下りたタイミングが撮影タイミングかなぁと思っています📷️👍

フワフワでお腹が白くて可愛い小鳥です💕💕💕


探鳥と撮る時の感想を長く書きました~😆🎵
最後まで読んで下さった方、
ありがとうございます😆💕✨

カイツブリの卵が無事に孵りますように

以前に「今年こそカイツブリの雛を」という投稿をしましたが、→https://mamiyankun.hatenablog.com/entry/2022/04/09/202543

その時は番でせっせと巣作りしていた二羽のカイツブリの子育て準備が、
その後には進捗があったか気になりまして…😊

久々に見に行ったら、巣から立ち上がり出したカイツブリと目が合いました😅

それが冒頭の写真です✨
足元にあるのは卵…なのでしょうか🧐❓️
ちょっと大きい様な…😁

その立ち上がったカイツブリは池に入って、
スイ~と移動してしまい、

別のカイツブリが巣にやって来ました👍

カイツブリの抱卵って、メスのみではなく、
交代なんですねぇ…✨⤴️✨

後から来て巣に乗ったカイツブリは、
温めている最中も巣を整えていました😁

整えている巣材にヒトが棄てたであろう、
ビニールの様なものがあるのが、
ヒトとしてちょっと残念に思いました💦


カイツブリは、巣の手前だけではなく、
向きを変えて巣の奥も整えています☺️

色々したあとに、ようやく落ち着いて抱卵を再開しました⤴️👍


それにしても、カイツブリの巣って、
大きな池の中にポツーンと判り易くあり、
とても目立つなぁと思ってしまいます😅

しかも、抱卵入れ替わりの時に
卵がそのまま巣に置いてあって、
それが見えていたのでドキドキでした😵💓

どうか無事に孵化に漕ぎ着けますように🌈

アオサギコロニーと雛

数日前、家族四人で東京都の多摩動物公園に遊びに行った時に、園内にある
アオサギの繁殖コロニーを観察できました🧐
木に沢山の巣がかかっていました😊


多摩動物公園ではペリカンが飼われていて、
魚のおこぼれにあずかろうとするアオサギ達が、繁殖期ではなくても、常に居ます🐟️

アオサギのコロニーも、動物公園の広報誌に載るほど有名です😊

木が生い茂っているからどうしても
判りにくい画像ながら、幾つかあげます🎵


まずは成鳥のアオサギ。抱卵中です💕

嘴がキレイなピンクの婚姻色になっているのが確認できました🥰

因みに婚姻色になっていないアオサギもいたので撮りました📷️
嘴の色が比較できるかと思います✋

雛と親サギの様子です😊

こちらも一番手前が親サギで、
奥の二羽は雛ではないかと思います😊
(ピントが成鳥のみに合ってしまってますが😅)

親が来たら、木から顔をひょっこりと出した雛サギ💕

比較的判り易く、雛の顔が撮れました😁


ここにはアオサギだけではなく、
ダイサギも一緒に繁殖をしていました⤴️
目元がブルーなのがダイサギの婚姻色です。



アオサギのコロニーの下を通ると、
嘴をクラッタリングしている様な音がしきりにしていました🤔
何の合図なのでしょう❓️

今度、私はストアカでサギの先生の講座を受講しようと思っています😊
クラッタリングの真相が解ったらここに記入…はしません🙏
先生の営業妨害になってしまうので🙏🙏🙏

首都圏にお住まいの方で、ご興味ある方は、
ストアカの検索バーで是非、「アオサギ」と入力して調べてみて下さい⤴️

https://www.street-academy.com/

またまたツバメ雛を見に

2日前。公園の公衆トイレでツバメが子育てをしているので、
またまた近所の雛の様子を見に行きました⤴️🚶‍♀️

私の住んでいる所が都内なので、
この雛達の成長っぷりは、かなり早くてビックリ👀

東にツバメが来るのは西よりあとなので、
GW時期は、抱卵中になっていると
「お、早く渡って来た、ベテランの子育てかな❓️」という感じなのです。


ところで、この日は気温が夏日くらいにはなったからか、
ツバメの雛達は、巣からだいぶ顔を出して
口をパカ~とあけていました💦 暑いよね😅


そのせいか、親ツバメも給餌で忙しいはずなのに、
たびたび休んで居ました💦

公衆トイレの電灯の上と、後ろのポールに
それぞれ親ツバメがいます↓

お父さんツバメは単に「休んでいる」、
という感じでしたが…


お母さんツバメは、急な気温上にやられてしまったかもしれない様子😵
雛達同様に、口をパカ~としていました💧
(影もしっかり口をあけている😅)

首を傾けて口を開けていて、
「これはお疲れだなぁ😞💦」と思ってしまったくらいです💨

雨の日も結構多くて、先月から
寒暖差がだいぶある日々なので、
ツバメ達もシンドイだろうねぇ😣

親ツバメ達は、少し休んだらまた飛んで行き、
子育てを頑張っていました👊😆🎵


この日、公園から少し行った所で、
ずっと電線に止まっている、
公園とは別のツバメも見かけました🧐

実はその電線は、イワツバメのコロニーがある橋のすぐそばにあり、
イワツバメ達がたくさん飛び回っていて賑やかな場所なのですが、
このツバメはただただ佇んで(?)いました😅

ツバメは尾羽の長さでオスメスを判断しますが、
個体差もあるので一羽だけだと悩ましい…🤔

ただ、このツバメは囀ずりもしないで
ずっと居たのでメスかもしれないなぁと思いました🤗✨

数百メートル離れた所にフリーのオスがいるから、
是非、出会えるといいのだけれど😚👍


オマケ↓ 珍しく電線にとまった、イワツバメ

キジ母衣打ちとセッカは要リベンジ


残念ながらの後ろ向き…↑

最寄りの大きな河川、多摩川本流の川辺では
毎年の事ながら、セッカが婚期で飛び回っています🐦️

オスは縄張り主張の為に上空を飛び回り、
賑やかに鳴いていて、
一通り主張が終わると急降下します✈️
その下りてとまった時が、セッカ観察では
なかなかベターかなと思っています🤓👀⤴️

いつも歩き回って観察する私にしては珍しく、
じっとセッカのシャッターチャンスを待ちましたが、
立ち入り禁止区域の奥の方にばかりに下りるので遠くて上手く撮れませんでした⤵️😅

このボヤけた画像では判りにくいのですが、
セッカは小さくて、お腹の羽毛が真っ白で
とても可愛いのです😊

暑くて長くは待てなかったので、
いつかの日にリベンジしたいです✊


因みにここは、以前に番のキジを見かけた場所です。

セッカ待ちしていたら、オスキジが草むらから顔を出して来ました✨✨✨
こちらを向いて、縄張り主張で鳴き📣、

それからお腹を満たす為に歩き始めました😚


キジは尾羽もキレイですよね✨⤴️

もしかしたら、待てばまたもう一回、
キジが母衣(ほろ)打ち(=激しく羽ばたきながら鳴いてアピールする行為)を
するかもしれないと待っていたら、
多摩川に向かって(!?)母衣打ちをしました😊✌️

…やっぱり、母衣打ちも上手く撮れませんでした😅💦
こちらはコンデジの限界ですね。
シャッターが遅いので、動かれると上手くいきません✋ 羽ばたきがブレました😅😅😅



この日は、先日に見かけたメスキジは出てこなかったので、
抱卵しているのかなぁと、ワクワクと想像しています💕🥰💕